グリップの幅

久喜で筋肉をつけて体を引き締める

長江パーソナルトレーニングジム埼玉久喜

ともひろです。

 

昨日はグリップの種類について書きました。

今日はさらに、握る幅の種類の紹介です。

バーベルを握る際、握る幅の狭い順から

ナロウ

腰幅

肩幅

ワイド

となります。

ワイドは結構聞いたことがある人は多いと思います。

ワイドスクワットとかって言いますよね。

グリップではなく足幅ですが。

バーを握るときのナロウとワイドは

中間の腰幅と肩幅を基準にして、

肩幅より広ければワイド、

腰幅より狭ければナロウ、

と考えれば簡単です。

ベントオーバーロウを行う際に、

広く握ると、肩甲骨の内転動作が増えるので、

僧帽筋中部を使う割合が増えますし、

狭く握ると広背筋を使う割合が増えます。

他にわかりやすいのは、ベンチプレスです。

握る幅が狭いと上腕三頭筋。

幅が広いと大胸筋を使う割合がふえます。

トレーニングでは、

目的に応じて握り幅を変えてみると、

狙った筋が発達することでしょう。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。