食事制限で痩せる人と痩せない人の違い

久喜で筋肉をつけて体を引き締める

女性専門パーソナルトレーニング

長江パーソナルトレーニングジム埼玉久喜

ストレスフリー食育栄養コンサルタントの成田です。

 

こんにちは!

食べる量を減らせば当然体重も減りますよね⁉

総摂取カロリーが消費カロリーを下回るからです。

ただ中には食べる量を減らしても体重が減らない人もいます。

食事量が減っても体重が落ちないときは

戦略を変えないといけません!

 

食べる量が減っても体重が落ちないのは

基本的に代謝が下がっているためです。

 

代謝が下がる理由は主に2つあります。

 

・無理なカロリー制限

無理なカロリー制限をすると代謝が落ちます。

エネルギー不足になってそれを代償するために

代謝が落ちてしまいます。

無理な食事制限は続けられず食欲が乱れてリバウンドしてしまいます。

体重だけ増えて代謝は戻らなくなり、痩せにくくなってしまいます。

 

 

・自律神経トラブル

自律神経が乱れていると食事制限をしてカロリーのマイナスを

作っても痩せなくなります。

通常、食事制限でカロリーがマイナスになると

足りない分のカロリーを補うために脂肪が分解されて代謝が上がります。

だから食事量を減らせば痩せるのです。

ただ、自律神経が乱れている体は違う方法でカロリー不足を

補おうとするのです。

脂肪を分解して新たなエネルギーを作り出すのではなく

代謝を落として対応してしまいます。

ちょっと食べないとフラフラしたり

やる気がなくなったり、身体が冷えたりする人は

自律神経が弱っているせいで

全く脂肪が燃えません。

 

自律神経トラブルを招く原因は寝不足やストレス

過度な運動、ストレスを感じる食事制限、不安などさまざまです。

 

こんなときはカロリーをマイナスにすることを作るのではなく

体を休めることをしましょう!

体をしっかりと休め自律神経をしっかりと整えましょう!

 

食事制限や運動をして明らかにカロリーのマイナスを作っているのに

痩せないときはこうした問題を疑って

自分のベストな状態でダイエットやボディメイクをしてみましょう!

 

 

このブログ記事がお役に立ったら「いいね」

お願いします♪

コメントもお待ちしております^_^

↓↓↓

 
ネットから体験予約

LINEから体験予約

電話:048-077-3429

メール:info@nagae.fit

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください