何故、アスリートや鍛えている人が腰痛になるのか?

 

久喜で筋肉をつけて体を引き締める

女性専門パーソナルトレーニング

長江パーソナルトレーニングジム埼玉久喜

スタッフのまるちゃんです。

 

何故、アスリートや鍛えている人が腰痛に

なるのか、長江トレーナーに聞いてみまし

た。(以下原文のまま)

 

アスリートや筋トレをしている人でも

ギックリ腰になるのは、その人が耐えられ

ない動き(負荷)で動いてしまったために

ヘルニア、滑り症、疲労骨折を起こすのが

理由だと思います。

その3つ以外の腰痛の80%は理由が不明

です。

講座で学んだ腰痛を起こさない体は、先ず

柔軟性があって、その上で体幹部の安定性

があり、そして、動いた時に体をコントロ

ールできる筋力が備わっている事です。

これらが備わっていないのに、それらの

許容範囲を超えた動き(負荷)を体に与える

と腰痛を起こす可能性があります。

ですから、その人がスポーツの場面で行い

たい動作に耐えられる体作りがトレーニン

グに求められるのですが、そこに着目せず

に、ただ筋肉を鍛えることだけをしている

質の低い(トレーニング目的が筋肉に限定

され過ぎている)トレーニングをしている

アスリートや筋トレをしている人がいる

との事です。

私の場合、詳しくは腰痛の原因を調べてい

ませんが(80%の不明な理由か疲労骨折?)

運動量が減って、筋力と柔軟性が落ちた

時期に、バドミントンで体が耐えられる

範囲を超えて動いて腰痛を起こし、それが

腰部の緊張と筋力低下を招いて、まだ元に

戻っていないところでバーベルを持って

ついにギックリ腰に発展する症状に至った

のではないかと思います。

 

だそうです‼️

その人が耐えられる負荷以上の想定外の

動きをすれば、どんなに鍛えている人でも

腰痛になる可能性があるということです

ね。そのことについては、

長江トレーナーのブログにも書いてありま

すので、ご覧になってください。

 

この記事が「へぇー」と思ったら

「いいね!」ぽちぽちっとお願いします

\(^_^)/

 

ネットから体験予約

LINEから体験予約

電話:080-4682-0046

メール: info@nagae.fit

 

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください