ベージュ脂肪細胞を増やす方法

 

久喜で筋肉をつけて体を引き締める

女性専門パーソナルトレーニング

長江パーソナルトレーニングジム埼玉久喜

スタッフのまるちゃんです。

 

前回お話しましたベージュ脂肪細胞

体温低下を防ぐ役割があるので、寒冷刺激

によって熱を生み出す力が高まります。

褐色脂肪細胞が生命の危機にさらされる位

の環境にならないと働かないことに対し、

ベージュ脂肪細胞は27~33℃で活性化

します。

身体に冷たいシャワーをかけるというよう

なことも紹介されていますが、私はあまり

やりたくありません。ダイエット目的で体

を冷やすことが果たしていいのか?という

疑問があることもありますが、何よりこの

時期寒くないですか~?(´д`|||)

そこで、白色脂肪細胞からベージュ脂肪細

胞へ変化を促す(増やす)のが「運動刺激」

です。運動をすると筋肉からイリシンとい

うホルモンが分泌されます。(運動ホルモ

ン、筋肉ホルモンとも呼ばれています)

筋トレ60分、有酸素運動60分、

筋トレ+有酸素運動各30分ずつ、

それぞれ行った中でイリシンの血中濃度が

一番高かったのが、筋トレ60分だったそ

うです。たくさん運動すれば、このように

ベージュ脂肪細胞は増えます。

つまり残念ながら簡単に痩せる方法は

やっぱりないということのようですねf(^_^;

そして度々思うのですが、改めて運動

の大切さを感じる私なのでしたf(^_^)

筋トレをして、白色脂肪細胞をベージュ

脂肪細胞へ変えていきましょう‼️

 

この記事が「へぇー」と思ったら

「いいね!」ぽちぽちっとお願いします(^o^)

 

ネットから体験予約

LINEから体験予約

電話:080-4682-0046

メール: info@nagae.fit

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください